薬剤師×保育士のブログ 

薬剤師と保育士の両面を活かした内容の記事を書きたいと思ってます。主に子どもの薬について書いていこうと思います。

子どもが熱を出した時に「お薬」を使ってよいタイミング

今回は「発熱」について書いていきます🍀

 

お子さんの急な発熱。

 

心配ですよね😟

 

今は、市販の解熱剤はどこでも購入できます。

解熱剤を常にストックされているご家庭も多いのではないでしょうか?

 

発熱して、つらそうなお子さん。

「でも、熱ってむやみに下げてもよくないかも?」と不安で

白人の女の子の表情イラスト「疑問」

なかなか解熱剤を使えない方もおられるのではないかと思います。

 

そんな親御さんたちに読んでいただければと思い、記事にしています。

 

それではご覧ください🐈

 

 

発熱は生体防御機構の一つ

 

熱を出した赤ちゃんのイラスト

熱は、人がウイルスや細菌を撃退するためにもともと備わっている、

 

生体防御機構の一つです。

 

 

むやみに熱をさげると

 

ウイルスや細菌がなかなか死なず、体内で増えてしまい、

 

病気が治りにくくなることもあります。

 

 

熱があったとしても、元気に活動できていたり、

 

遊んでいたりする場合には、無理に熱を下げる必要はありません

 

 

太い血管が通っている脇の下や首回りなどを

 

タオルに水をつけて冷やしたりしましょう。

 

また、こまめに水分を摂るよう心がけましょう🐈

 

 

 

 

 

熱を下げる目安は

 

薬剤師と相談をしているイラスト

 

医師や薬剤師からは「38度以上になったら」とか、「38.5度を超えた時に」と具体的に処方・指導いただく場合が多いかと思います。

■

ただ、37度ぐらいであっても、お子さんによってはつらくなることがあります。

 

ぐずったり、ご飯が食べれなかったり、眠れない様子の時は、

 

解熱剤を使用することで、機嫌もよくなり、ご飯を食べるようになったり、

 

眠れるようになることもあります。

 

 

高い熱が続いて体力が落ちていたり、

 

辛くて眠れないような時には解熱剤を飲ませてあげましょう。

 

 

つまり、体温はあくまでも目安で、

 

大事なのはお子さまの機嫌などを観察して、

 

親御さんが判断して服用させるということです。

 

熱さましの薬

 

解熱効果のある薬には様々な薬があります。

 

代表的なものはアセトアミノフェンというものがあります。

 

 

 

アセトアミノフェンは視床下部の体温中枢に作用することで体温を下げるお薬です。

 

坐薬や粉薬、錠剤、シロップと色々な剤形が存在しています。

 

お子さんが飲みやすいお薬の剤形を選びますが、

 

熱で薬が飲めない時などは坐薬を使用するのことも選択肢の一つです。

 

シロップ薬のイラスト

基本的に4~6時間の間隔をあけて服用します。

 

解熱剤にはほかにも、「ロキソプロフェン」などもありますが、

 

こちらはライ症候群やインフルエンザ脳症などの危険性もあるため、

 

子どもにはおすすめできません。

 

イブプロフェンというお薬が、使われることがありますが、積極的には使われません。

 

 

坐薬の方が効き目が早い?

 

坐薬の方が効き目が早いと聞いたことがあるかもしれません。

 

これは坐薬が直腸から吸収されるためです。

 

ただし、実際に効き目が早いかどうかはきちんと添付文書などで調べる必要があります。

 

座薬のイラスト

「効き目」に関しては主観も含むため、薬剤師はできるだけインタビューフォーム(製薬会社が作成する薬の詳細な説明書)などでデータを確認した上で、患者さんにお伝えします。

 

ここから、やや専門的な話になりますが

 

アセトアミノフェンの場合は坐薬の血中濃度がMaxになるまでの時間(=Tmax)は坐薬だと1.6時間ほどで、細粒や錠剤は30分ほどです。これは薬物動態パラメーターといわれています。これだけをみると、「細粒や錠剤のほうが、坐薬よりも、最高血中濃度になるまでの時間は速い」ことになります。

 

サラサラの血が流れる血管のイラスト

ただ、実際の体温変化はどうかというと、坐剤は38℃以上の発熱時に投与すると、30分後に下降を開始し、1~2時間後にピークに達し、4時間効果が持続するとあります。細粒は3~4時間で効果が最大となり、約2℃の体温下降を認めたとあります。

血中濃度がMaxになる時間が早ければ早いほど解熱効果が早く表れると一概には言えない結果がでています。

 

以上のことから、坐薬と飲み薬はの使い分けは、あくまでも「使いやすさ」でよいと思います。

(※他の医師、薬剤師の見解もあると思います)

 

熱がないときに痛み止めとして用いても大丈夫か

 

例えばヘルパンギーナや咽頭炎で、熱がなくて喉が痛い時なども、喉の痛みが和らぎ症状が軽くなるのであれば、服用することもできます。

 

平熱時に使用した際、熱が下がり過ぎることはほとんどありません。

喉の検査のイラスト(学校の健康診断・女の子)

 

熱痙攣の予防に解熱剤は使えるか

 

熱痙攣の予防に解熱剤が有効だとは言えず、再発予防の使用は推奨されていないと、熱性けいれん診療ガイドラインにも記載があります。

熱痙攣を一度経験したことのあるお子さんがいると心配かもしれませんが、基本的には「予防で使うこと」はありません。

ひきつけ・痙攣をおこしている赤ちゃんのイラスト

「熱が出た時に解熱剤を使うと、熱痙攣を再発しやすくなるという話」がでることもあります。しかしこれは根拠となる研究結果がありませんので、医師の指示通り解熱剤を使用することは問題ありません。

 

次は熱性痙攣の再発予防で使用されるジアゼパムの坐剤をみていきます。

(製品名ではダイアップが有名ですね)

 

ジアゼパム坐剤の使用にあたっての注意点

 

ジアゼパム坐剤は、熱痙攣に有効と考えられてはいます。日本小児神経学会によると、37.5℃を目安に使用し、発熱が持続していれば、8時間後にさらに追加することができるとされています。使用後は、「ふらつき」などの副作用があります。使用後は念のため、お子さんを安静にしておきましょう。

 

 

薬剤師からも説明があると思いますが、ジアゼパム坐剤とアセトアミノフェン坐剤が同時に出た時には、ジアゼパムを挿入して30分以上間隔をあけて、アセトアミノフェンを挿入しましょう。

同時に挿入すると、ジアゼパムの吸収が低下することがあるので注意しましょう。

 

脂質のイラスト(栄養素)

理由としては、アセトアミノフェンの坐剤が油脂性の基材でできていて、ジアゼパムは油に溶け込む性質があるため、アセトアミノフェンの基材に溶け込んでしまうからです。そうすると、ジアゼパムの効果が出るまで時間がかかってしまったり、効果が出ないおそれもあります。

 

 

また痙攣については、医療者でもタイプ判別は難しいと言われています。

そのため、お子さんが痙攣したときには、落ち着いて痙攣の様子と痙攣の起こった時間を計測しておくようにしましょう。5分たっても発作が収まらない時や、不安でどうして良いか分からない場合などは、救急車を呼んでいただいて大丈夫です。

 

デジタル時計のイラスト

 

最後に

 

いかがだったでしょうか。

発熱は身近な症状の一つです。

少しでも、この記事がお役に立てればうれしいです✨

最後までご覧いただきありがとうございました🐈