薬剤師×保育士のブログ 

薬剤師と保育士の両面を活かした内容の記事を書きたいと思ってます。主に子どもの薬について書いていこうと思います。

九州の豪雨が「特定非常災害」として、指定された件

 

news.yahoo.co.jp

 

気象庁は9日、熊本、鹿児島、福岡、佐賀、長崎、岐阜、長野の7県に大雨特別警報を発表した現在継続中の7月3日からの豪雨について、「令和2年7月豪雨」と命名した。継続中のため、今後発生する可能性がある一連の現象についても、同じ名称を使う。

 気象庁では後世に経験や教訓を伝えることなどを目的に、名称を定めることとしているそうで、今回の災害もこの名称がつけられました。私も九州に住んでおり、友人や知人の家の近くも川は氾濫し、浸水被害にあったり、実家のある福岡でも氾濫した川があり、非常に身近で、恐ろしい災害だと感じました。

 

 

医療施設、薬局で被害にあわれたところも沢山ありました。

宮崎県でもこういった災害の際は、早急に宮崎県薬剤師会が被害状況をまとめて対応しています。

 

news.yahoo.co.jp

 

・そして、今回の豪雨ですが、「特定非常災害」として指定されることになりました。

 

 

〇被災者へ特例措置
  運転免許証の有効期限や飲食店営業許可の延長など

〇武田良太防災担当相
 「被災者の不安の解消を図ることができる」

 

特定非常災害の指定は7例目ですが、阪神淡路大震災、東日本大震災など、非常災害はあまりにも甚大な被害があった場合しか指定されません。

 

今回の規模が異常だったことがうかがえますね。

 

 

地球温暖化の影響も多少なりともありそうです。

今回はレジ袋が有料化されましたが、実際海洋ごみみ占める割合はとても小さいようで、プラごみを本当に削減するにはまだ別の方法があるのではと疑問の声もあがっています。

 

 

 

沢山の意見が可視化されることで、政治の世界も難しくなっていますね。

一人一人が、自ら考え、行動を初めています。

 

リモートワーク推進、業務の見直しなどコロナを機にプラスに転じることも今後はあるでしょうか。少しずつ、前に踏み出していきたいですね。